【新年特集】こん包の「向かう先」 過剰なのは日本だけ 脱・段ボールの供給網構築

2016.01.05付

一般

 商材を保護する役割を持つ「こん包」。だが、家電製品や食品、飲料関連など一部の荷主では、品質にこだわるあまり段ボール箱に擦り傷が付いただけで、輸送や荷扱いを担当する物流事業者に責任を押し付ける実態がある。過剰とも言えるこうした問題が起きているのは世界中でも日本だけ。解決への道はないのか。
 こん包は、もともと商材を保護するための手段。しかし、商材によっては取り扱う物流事業者が、荷主から過剰な対応が強いられる。例えば、家電製品や食品・飲料。輸送途上で段ボール箱の角がつぶれたり…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する