【新年特集】下請け・元請けの関係 3PLと実運送、共生へ 双方の役割を理解

2016.01.05付

一般

 運賃水準とリスク分担をめぐり、3PLと実運送会社が対立する構図がしばしば指摘されてきた。だが近年のドライバー不足をきっかけに、その構図に変化が見え始めた。「双方がそれぞれの役割を理解し、協力し合う〝共生〟の在り方が問われている」(3PL会社のトップ)という。
 「荷主と実運送会社の間に割って入り、利ざやだけ抜いて賠償問題にはそっぽを向く。3PLには都合が良すぎるところがある」(医薬品輸送業者)。高額品を運び桁外れの賠償金リスクにおびえる業種でなくても…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する