JR貨物 上期コンテナ3.4%増 「さらなる営業強化を」

2014.10.28付

一般

日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)の平成26年4~9月輸送実績は、コンテナが前年同期比3.4%増、車扱が同6.1%減だった。月別では、昨年9月以来、13カ月連続して前年比増加。「底堅い動きだが、収入面では計画に足りない。もう少し頑張らなければ」(田村社長)。
 田村社長は各月の状況を「4、5月は頑張ったが6月に少し落ち、8月はがくんと落ちた。9月に大きく盛り返し、10月も計画値通りスタートを切ったが、6日に台風による土砂流入で東海道線の一部区間が不通に。大きな打撃を受けている」と説明。利用インセンティブ、余席販売、帰り荷の確保策などの販促施策の効果が継続するよう営業強化を図るとした。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する