中核人材育成が鍵 運賃交渉力につながる

2014.10.28付

一般

9日に福岡市で開催された第19回全日本トラック協会・全国トラック運送事業者大会の第2分科会のテーマは「人材確保と育成について」。深刻化する労働者不足の中、事業者はどのように対応するのか。官学民の立場からそれぞれ現状と課題、問題点など活発な意見が交わされた。
    
 コーディネーターを務めた日本PMIコンサルティング社長の小坂真弘主席コンサルタントは「これまでドライバーの採用は即戦力が鉄則だったが、未経験者を採用し中核人材の育成に努めて、輸送品質を向上、運賃の交渉力へつなげるなど事業者間の差別化を実現する方向性にある」と指摘した。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する