【ことば 教えて!】 災害時の緊急輸送→社会インフラの本領発揮

2014.10.28付

一般

地震や津波、洪水など大災害時に被災地の人々に食料・飲料や衣類、毛布といった生活物資を送り届けること。平成23年の東日本大震災では延べ1万台超のトラックが緊急輸送を行った。ことし8月に広島で起きた土砂災害でも、県との災害協定に基づきトラック協会を通じて、日通や福通が避難所となった小学校や公民館に物資を届けた。
 もし物流が止まれば、飲食料や燃料供給が途絶え、生活できなくなる。普段の暮らしの中で見えにくい、物流のライフラインとしての役割が、災害時にはあらわになる。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する