【海上輸送ガイド】日本海側航路を開拓 境港、拠点化構想 貨物量確保が課題

2016.02.23付

一般

 海上輸送網のミッシングリンク(未接続)解消へ――。日本海側航路の分断区間は、敦賀港(福井県敦賀市)・舞鶴港(京都府舞鶴市)―北九州港(北九州市)間の約550km。分断区間の中間に当たる境港(鳥取県境港市)では北海道や九州航路の実証実験を繰り返し、定期航路就航を目指している。人口が少ない山陰地方では貨物量確保が課題で、日本海側ルート確立へ模索が続く。
 平成32年度のRORO船定期就航に向け、境港―北九州ひびき港(北九州市)間で船舶と鉄道・トラック…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する