中国・四国・九州 荷動き依然振るわず 先行きに警戒感強く

2016.02.23付

一般

 西日本の荷動きは依然鈍い。昨年末は暖冬の影響もあり、繁忙期は「例年にない鈍さ」(岡山の特積み)の声。先行きを警戒する事業者は多い。そうした中、軽油価格の下落で得た利益を人材確保や拠点増強に振り向け、経営基盤を整える事業者が目立ち始めた。法令順守の取り組みも活発化している。
 経済産業省が公表した昨年10~12月の地域経済産業調査結果によると、生産は中国地区で鉄鋼、自動車がやや増産。化学、機械が横ばい。四国ではパルプが高水準。鉄鋼が減速気味。化学、機械は横ばい。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する