富士運輸・東京高裁判決 割増賃金初判例で勝訴 「不当な訴訟が減る」

2016.03.01付

一般

 元ドライバーが割増賃金に関し未払いがあるとして、勤務していた富士運輸(本社・奈良市、松岡弘晃社長)に支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の青野洋士裁判長は昨年12月に判断を下した。「各種手当の計算方法は労働基準法に照らし違法性はない」(青野裁判長)として、元ドライバー側の控訴を全面的に棄却し、富士運輸が再び勝訴。原告が最高裁に上告しなかったため、判決が確定した。
 訴えていたのは成田支店に1年8カ月勤めた男性ドライバー。原告は、残業時の割増賃金が不明確で、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する