暖冬の影響色濃く タイヤ27年度国内 価格競争激化も

2016.03.01付

一般

 国内タイヤメーカー大手3社の平成27年1~12月期決算は、日本での事業が軒並み減収減益となった。乗用車の新車販売の落ち込みや暖冬の影響で、新車用タイヤや冬用タイヤの需要が減少。原材料価格の値下がりに伴い、価格競争も激化した。原材料価格はこの一年で、天然ゴムが約2割、原油価格が約4割程度、下落している。
 国内大手3社の日本地域の業績は、ブリヂストンが売上高1兆1878億円(前期比6%減)、営業利益1974億円(同6%減)。住友ゴム工業が売上高4664億円(同4%減)…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する