日通商事 生鮮品、凍らず長持ち 新冷蔵コンテナ開発

2016.03.01付

一般

 日通商事(本社・東京、渋沢登社長)は、魚介類や農・畜産物など生鮮品を、長く鮮度を保持したまま輸送できる20フィート型冷蔵コンテナ「フレッシュバンク」を開発した。すでに試作1号機を完成させ、量産型の開発にも着手。9月に開催される「国際物流総合展」に合わせ、発売していく方針だ。
魚・農畜産物をゆっくり遠くへ
 鮮度保持技術を強みとする群馬県高崎市のベンチャー企業マーズカンパニーと提携して開発。従来型の冷蔵コンテナに非熱電場技術と冷気コントロール機能を搭載することで…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する