トラック上昇さらに 10~12月・運賃動向航空以外 2桁プラス

2014.10.28付

一般

日通総合研究所(本社・東京、宮近清文社長)の調査によると、10~12月のトラック(一般、特積み)運賃水準はドライバー不足の顕在化を背景に、さらに上昇圧力が強まる見通しだ。
 一般の10~12月運賃動向指数はプラス35(7~9月比2ポイント上昇)。調査対象15業種のうち「食料品・飲料」「化学・プラスチック」「金属製品」「電気機械」「消費財卸」など9業種のプラス幅が拡大する。
 特積みの10~12月も、「食料品・飲料」「パルプ・紙」「輸送用機械」など8業種のプラス幅が広がり、プラス34(同4ポイント上昇)となる。
 一般、特積みとも、回答があった荷主企業(一般964社、特積み731社)のうち6割強が「不変」。一方、一般では37%、特積みでは35%の荷主が「値上がり」を予想した。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する