味の素・Mizkan 食品2社鉄道輸送 復路の製品不足を補う

2016.03.01付

一般

 味の素(本社・東京、西井孝明社長)とMizkan(本社・愛知県半田市、田中力社長)は3月から、共同で関東・関西間の鉄道往復輸送を開始する。トラックドライバー不足に対応するために、モーダルシフトを進め、中長距離幹線輸送の再構築を図る。
 味の素は、埼玉県の久喜物流センターから宇都宮貨物ターミナル(タ)を経由し、往路で大阪タに製品を輸送、その先の兵庫県西宮市の西日本物流センターに運ぶ。
 Mizkanは、関西第2物流センターからJR安治川口駅を経由し、復路で宇都宮タまで運び… 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する