不動産と3PLが融合 センコーは新会社設立へ 大型C需要に応え差別化

2016.03.08付

一般

 不動産事業に参入する物流企業が目立ち始めた。自前の物流施設を不動産投資信託(リート)などで運用。投資家から集めた資金を元手に物流施設を開発し、3PL事業の収益増、あるいは不動産事業そのものの拡大へつなげていく手法だ。背景には倉庫の集約化による業務効率化と、通販をはじめとする大型配送センターの需要増がある。
 4月1日付で、センコー(本社・大阪市、福田泰久社長)は新会社設立に向けた「センコー・リアルティ設立準備室」を設ける。新会社はグループ横断的な不動産開発を行うという。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する