東京協議会 6割で「運行中 荷待ち」 荷役、着荷主で多く

2016.03.22付

一般

 関東運輸局と東京労働局は15日、トラックの適正取引と労働時間改善を話し合う東京協議会を開き、実態調査の結果を公表した。調査対象となった130人を超えるドライバーのうち、約6割が「運行中に荷待ちがある」と回答。着荷主の現場で荷役作業が多く発生している実態も明らかになり、協議会は実証実験を通じ改善策を探る。
 昨年9月中旬に行った調査には31社、133人のドライバーが回答。平均保有台数は39.9台。99%が1運行当たり500㎞以下の短・中距離の走行だった。
 調査によると…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する