三菱ふそう 川崎工場 大・中型車製造ライン 設計見直し一直線化

2016.03.22付

一般

 三菱ふそうトラック・バス(本社・川崎市、マーク・リストセーヤ社長)は15日、川崎工場で昨年8月から稼働したトラックの新しい生産ラインを報道陣に公開した。「フィッシュボーン(魚の骨)・レイアウト」をコンセプトにメーンの組立ラインを背骨、部品の供給動線を小骨に見立てて工場内を設計し直し、効率的な製造・物流動線を実現した。
 「モノ(部品)を〝いかにうまく運ぶか、いかに止めないか〟という発想の下、合計600mのラインに工程の再配置を実施」(田中剛生産本部キャブ…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する