【トラック特集】ETC2.0 導入に向け準備着々 事業者へアピール続く

2016.03.22付

一般

 国土交通省が次世代型自動料金収受システム「ETC2・0」の導入を強く推進している。従来型ETCの自動料金収受機能による時間短縮に加え、事故多発地点でのドライバーへの注意喚起、渋滞・災害情報の提供、回避ルート表示など、より安全で効率的な運転を支援できるようになる。
 運送業界でのETC2・0普及に向けた施策として、1月25日に特殊車両(特車)の通行許可手続きを簡素化するための「特車ゴールド」制度が始まった。ETC2・0を搭載し、規定の申請を行った車両への特別措置。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する