2016春闘 夏季賞与は増額基調 前年よりやや弱含み

2016.03.22付

一般

 2016トラック春闘の大手各社の回答が始まった。適正運賃収受の動きが一巡したことや、年明けからの荷動きが低迷したことで、賃上げは前年より弱含みの回答だった。一方、一時金は増額傾向にあり、「一定の評価ができる」(運輸労連)内容となった。
 今年は自動車や電機大手などでベア(ベースアップ)が縮小する中、物流も大手組合で前年より弱含みの回答が目立った。
 運輸労連(難波淳介委員長)加盟の全日通は前年比1010円減の4900円、ヤマト運輸は同229円減の5024円となった。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する