戦略化する物流 製造業好調で前年比微減 平成26年度物流コスト 仕組み見直す企業が増加

2016.03.29付

一般

 以前は「物流費抑制が物流部の使命」(あるメーカー担当者)というほど厳しく見られていた物流費。荷主の売上高物流コスト比率は年々減少し、平成26年度は前年比0.07ポイント減の4.70%だった。一方、物流事業者への支払比率は拡大傾向。コスト改善の方法も、外注費の削減から拠点見直しや共同輸配送など自社の戦略部分へと変わってきており、荷主の意識に変化が見られるようだ。
 日本ロジスティクスシステム協会(=JILS)の物流コスト調査報告書によると、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する