丸運 売上521億円目指す 新3カ年中期計画

2016.03.29付

一般

 丸運(本社・東京、市原豊社長)は来期から新しい3カ年の中期経営計画をスタートする。貨物輸送など既存事業の生産性向上、低温物流事業への単独進出、M&A(企業の合併・買収)の活用を図り、平成31年3月期までに連結売上高521億円、連結経常利益15億6000万円を目指す。
 「20年3月期をピークとした減収傾向を打破すべく、グループとしての成長の道すじを描いた」(丸運)新中計。経営上のKPI(重要業績評価指標)として、売上高経常利益率3%、総資産回転率133%超を設定。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する