【日本の物流に足りないもの】 第1回 物流に集まる注目 未来調達研究所 坂口 孝則 取締役

2016.04.05付

一般

 現在ほど、「モノを運ぶ」=「物流」が注目されている時代はない。インターネット通販の領域を中心に、物流拠点やサービスの話題が報じられない日はほとんどない。しかも、米アマゾンの即日配送に代表されるように、物流の卓越さが企業全体の付加価値と認識されるようになってきた。
 かつてモノを生産する企業が主役だった。そして、それを販売する小売りが主役になった。いまでは、モノを速く効率的に運ぶ企業が主役というわけだ。米国ではUber、Delivといった物流関連ベンチャーが… 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する