JR貨物 鉄道事業 赤字解消へ 営業強化で増収図る

2016.04.05付

一般

 日本貨物鉄道(本社・東京、田村修二社長)は今年度、営業強化による収入拡大とコスト削減を進め、鉄道事業の営業赤字を解消させる。同事業の平成28年度売上高は、27年度計画比23億円増収の1411億円を目指す。そのうちコンテナ収入は同22億円増収の1140億円に押し上げる。前年度39億円を見込む営業赤字はゼロにする。
 「黒字化の達成には収入の確保が最重要」(玉木良知取締役兼執行役員)とし、営業面では特に新規顧客の開拓に注力。鉄道輸送を未利用、または利用割合の少ない倉庫…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する