中越通運 岩沼市に新Cしゅん工 多温度帯で共配拠点にも

2016.04.05付

一般

 中越通運(本社・新潟市、中山和郎社長)は3月30日、宮城県岩沼市に新しく物流センターをしゅん工。11日に稼働させる。東日本大震災で被災した旧施設の1.5倍に拡張し、冷蔵冷凍機能も備えた。大手小売り向けの輸配送業務や卸向け既存業務の拡大を図るとともに、複数企業向け共同輸配送のプラットフォーム拠点として展開する。
 新設した「仙台南ALC(Advantage Logistics Center)」は、もともと岩沼市にあった旧施設が5年前の震災で被災し閉鎖していたのを再建した。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する