国交省 共配実験、成立は7組 条件などハードル高く

2016.04.12付

一般

 国土交通省は3月24日、共同配送の促進に向けた実証実験の結果を公表した。昨秋から3カ月間続けた実験には、計43社の荷主、物流事業者が参加。期間中に160件以上の物流情報が登録されたものの、成立案件は7組しかなく、改めて共配の難しさを示す結果となった。
 共配の実証実験は、平成26年度から2カ年かけて行った事業。国が専用のマッチングシステムを開発。荷主、事業者の「出会いの場」を設けることで共配を促し、物流のCO2(二酸化炭素)を削減する狙いがある。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する