京阪電鉄 京都の大型施設が稼働 日通、つばめ急便が入居

2016.04.12付

一般

 京阪電気鉄道(本社・大阪市、加藤好文社長)は1日、京都市で建設を進めてきた内陸型の大型物流施設「京阪淀ロジスティクスヤード」の営業を開始した。
 所在地は、京都市伏見区淀美豆町555ノ1。淀車庫拡張を見込んだ遊休地を活用した。名神高速道路大山崎インターチェンジから約1.5㎞。京都縦貫自動車道、京滋バイパス、第2京阪道路などにもアクセス可能で、利便性が高い。
 敷地面積約5万2900㎡に倉庫棟3棟を整備。延べ床面積は2階建てA棟約1万900㎡、2階建てB棟約2万3200㎡、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する