日本郵政 ファミマと業務提携 店舗基点に越境EC

2016.04.12付

一般

 日本郵政(本社・東京、長門正貢社長)とコンビニ大手のファミリーマート(同、中山勇社長)は5日、業務提携を結ぶことで合意。今後、日本郵便(同、高橋亨社長)とファミマの協業で、国内外のファミマ店舗を基点とした越境EC(電子商取引)サービスの展開、宅配ロッカーの店舗設置などに取り組む方針だ。
 越境ECサービスは、急増するインバウンド(外国人観光客)需要に対応。旅行者が日本の通販サイトで購入した商品を、最寄りの海外ファミマ店舗で料金支払いとともに受け取れるようにするイメージだ。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する