全ト協 近畿圏の高速料で要望 物流の負担軽減求める

2016.04.19付

一般

 国土交通省は7日、国土幹線道路部会を開き、近畿圏の高速道路整備や料金体系の見直しに向けて関係者に聞き取りを行った。ヒアリングを受けた全日本トラック協会(星野良三会長)は労働環境改善や生産性向上のため、事業者の負担に配慮した料金設定や道路整備を行うよう求めた。
 4月に始まった首都圏の新料金体系は、料金の基準となる車種間比率が首都高速とNEXCOで異なっていた状況を見直し、軽自動車から特大車の5区分に統一。物流の急激な負担増を避けるため、中型車と特大車は平成32年度…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する