【食品・医薬品物流特集】モーダルシフト最前線 味の素物流 東西で鉄道往復輸送 31ft私有コンテナで

2016.04.19付

一般

 味の素物流(本社・東京、田中宏幸社長)は3月、関東―関西間で私有31フィートコンテナを使った鉄道輸送「レールライナー」を開始した。関西向けの往路は親会社味の素の製品を運び、復路はMizkan(=ミツカン)が利用。同一パレットでの一貫輸送と、31フィートコンテナを往復させる仕組みを組み合わせ、コストアップは抑えつつ該当区間のトラック輸送を鉄道にシフト。モーダルシフト率を約50%に引き上げた。
 レールライナーの狙いは長距離輸送の安定供給と環境負荷の低減。運行するのは関東…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する