物流連・手荷役調査 非効率な実態明らかに 料金把握、収受に課題も

2016.05.03付

一般

 トラックや通運といった幹線輸送・集配の現場で、手荷役による非効率な作業が続く実態が日本物流団体連合会(工藤泰三会長)の調査で分かった。回答企業の中には、作業費用の把握や料金収受をできていないケースもみられた。物流連は今年度中をめどに、荷主へのヒアリング調査、荷主業界団体との意見交換会などを実施したい考え。
 アンケートは昨年11月中旬~12月にかけて実施。物流連の会員事業者のほか、全日本トラック協会、全国通運連盟に加盟する計174社に調査票を出した。トラック輸送、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する