日通・28年3月期 複合営業益率3.1% 売上高2兆円届かず

2016.05.17付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)は平成28年3月期、自動車運送や通運を含む国内複合事業の営業利益率を3.1%(前期比0.6ポイント上昇)に改善。前中期経営計画で掲げた3.0%を超過達成した。連結売上高は1兆9091億500万円(同0.8%減)と当初予想の2兆円には届かなかったが、前中計目標1兆8000億円を大きく上回った。
 国内複合事業の売上高は自動車運送や倉庫の取り扱い減少などで7365億円(前期比0.8%減)。営業利益は軽油価格下落による燃料費減少、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する