新名神高速 沿線で拠点立地の動き 高槻―神戸開通へ事業者アンケート 渋滞解消に期待大

2016.05.17付

一般

 NEXCO西日本が建設を進める新名神高速道路の大阪府高槻市―神戸市区間、約40㎞。開通すれば、交通量が多い京阪神都市圏の道路網が充実されるとともに、沿線では物流施設誘致など経済活性化につながる。本紙アンケート(回答34社38事業所)では、8割超の事業者が開通に期待を抱く。だが橋桁落下事故の影響で、NEXCOが掲げる今年度末の開通目標はずれ込みそうだ。
 新名神高速の高槻―神戸間は、並行する名神高速道路や中国自動車道より山沿いを走る。大阪府茨木市…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する