【日本の物流に足りないもの】 第4回 予想できた人手不足 未来調達研究所 坂口 孝則 取締役

2016.05.24付

一般

 インターネット通販では、即日配送が当然となりつつあり、かつ配送費用は〝タダ〟が当然になった。消費者にも適正なコストを認識させるべきだ、という議論がよくある。しかし物流にどれだけ費用が掛かるか知る消費者はほとんどいない。消費者の知らないところで、小売りと物流業者は価格を決める。いわば、消費者を「忖度(そんたく)」して低コスト化を図ってきた側面がある。
 荷主である小売り側は顧客から費用をもらえないものは払えない、といった態度で配送コストを抑えてきた。だが、ここに来て…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する