【アジアのコールドチェーン】 第1回 なぜ、いまなのか 流通科学大学 森 隆行 教授

2016.05.24付

一般

 アジアではコールドチェーン(低温物流)の需要が急増している。近年の経済発展で国民所得が向上、食生活も大きく変わり欧米式の食生活が普及した。レストランなどの外食産業の興隆が顕著になっており、外食産業やスーパーなど近代的小売業を支えるサプライチェーン(供給網)で食品の温度管理が求められている。
 日本でも、アジアとは背景が異なるが、コールドチェーンが注目されている。海外展開する外食、小売業のための国際サプライチェーン提供を含めた食品輸出の増加に対応するため、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する