【集中連載 岐路に立つ日本 物流が進むべき道は】 第1回 消費増税、問題でない 早稲田大学ファイナンス総合研究所 野口 悠紀雄 顧問

2016.05.24付

一般

 来年4月の消費増税議論が慌しくなりつつある。政府・与党内では経済情勢、財政再建の影響を考慮し、増税派と慎重派で意見が2分。一方財政全体で見れば「消費増税は大きな問題ではない」と早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄顧問。運輸業界は「原油安の恩恵を受けられないことを問題視するべき」と提言する。
 財政再建は消費税率を10%に引き上げ、さらに高い経済成長率を見込んでも、平成32年度の財政の黒字化目標を達成できないとの政府試算がある。
 政府の掲げる財政再建目標は…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する