【首都圏ブロック特集】物流どうする? 工期短縮で短期集中 流経大矢野教授「事業者が発信を」

2016.05.24付

一般

 平成32年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた準備が始まっている。物流面では、新国立競技場をはじめとした競技施設の建設資材の搬入、開催期間中の人の流れとの分離など、高度な知識が必要になる。事業者はどのような役割を果たせるのか。流通経済大学の矢野裕児教授は「計画段階から事業者が積極的に発言することが必要だ」と指摘する。
 東京五輪に向けた準備が始まった。新宿区の新国立競技場や東京都臨海部での競技・宿泊施設などのインフラ整備がまず始まり、短期間に大量の建設資材が都心や臨海部…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する