福通 西濃と輸配送の共同化さらに

2016.05.31付

一般

 福山通運(本社・広島県福山市、小丸成洋社長)は、西濃運輸(本社・岐阜県大垣市、神谷正博社長)との共同運行を拡大している。
 幹線輸送では平成28年3月現在、22コースを運行。延べ人員1832人の削減効果があった。今期はさらに拡大し、平日・日曜の運行を62コースまで共同化する方針だ。
 一方、配送を一括化する「エコデリバリー」は28年3月現在44カ所で実施。今期は、特定の届け先から、エリア単位への運用拡大を目指し、50カ所を目標にする。
 ドライバー確保のための…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する