日通 ハラール対応を加速 国際物流網構築急ぐ

2016.05.31付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)は新たな成長領域の一つとして、イスラム教徒向け「ハラール食品」市場への対応を加速している。将来のイスラム教人口増加を見据え、グローバルなハラール物流ネットワークの構築を急ぐ。
 農業を含めた食品分野を、成長に向けた新規事業領域の一つに位置付ける日通。中でも16億人のイスラム教徒に支えられたハラール市場の成長性に注目。2030年には世界人口の4人に1人がイスラム教徒となる予想があり、イスラム教徒の多い国では中高所得者層の増加も…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する