路線連盟 存廃決議先送り 意見に大きな隔たり

2014.11.11付

一般

 日本路線トラック連盟(北野耕司会長)は10月下旬に行われた理事会で路線連盟の存廃を議論。理事会では大手会員事業者を中心に廃止を強く求める意見と、縮小した上での継続を求める意見が対立し、この日は結論が出なかった。次回の開催は繁忙期の12月になるが、必要定数である理事の過半数が出席できるか不透明な状態だ。
     
 路線連盟の存廃にかかわらず、路線連盟が運営する「貨物情報トランスファーセンターシステム(=FITシステム)」の運営継続を求める声が強く、FITシステム存続の方針は固まっている。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する