国交省 25m車の実験 新東名で 今年夏の実施目指す

2016.06.07付

一般

 国土交通省は特車通行許可基準の車両長規制を見直し、最大25mまで緩和する方針を固めた。大型車2台分の貨物を一度に運べる「ダブル連結トラック」の走行を可能にすることで、トラックの生産性を高める狙いがある。実現に向け、今年夏をめどに新東名高速道路で実証実験を行う。
 道路構造物を守るため、国は特車通行許可を取得する場合に限り、道路を走行できる車両の長さを最大21mまでと定めている。国交省が1日の物流小委員会で示した実験方針では、さらに車両長の規制を4m緩和。大型車2台分…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する