【集中連載 岐路に立つ日本 物流が進むべき道は】第4回 汎用技術が発展の鍵 早稲田大学ファイナンス総合研究所 野口 悠紀雄 顧問

2016.06.14付

一般

 労働力不足の解消で期待される自動運転などの新技術。物流でもドライバーの動態管理により、さらなる効率化を進める動きも出てきた。一方、普及させる技術は「一般的なものであることが重要」と早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄顧問。誰もが使える技術の普及で情報共有が進み、発展の可能性につながるとする。
 急速に進む労働力不足に伴い、移民は考えなければならない問題だ。企業が受け入れを検討したとしても、国の政策が変わらなければ進展することはない。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する