C&Fロジ 第1次中期計画を始動 「情報」で付加価値実現へ

2016.06.14付

一般

 C&Fロジホールディングス(本社・東京、林原国雄社長)は、昨年10月の経営統合後初めての中期計画を策定、スタートした。「次期中期計画につなげるための基礎固めの期間」(武藤彰宏常務)と位置付け、売り上げ拡大よりも事業の効率化と利益率の改善を優先させる。平成31年3月期の連結業績目標は売上高1060億円、経常利益率3.7%とした。
将来の成長へ基盤を固める
 まずは「人事制度、経理の仕組み、物流システムも異なる」(同)ヒューテックノオリンと名糖運輸の統合効果を…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する