いすゞ・日野自 ITS技術を共同開発 隊列・自動運転の実現へ

2016.06.14付

一般

 いすゞ自動車(本社・東京、片山正則社長)と日野自動車(同・東京都日野市、市橋保彦社長)は、自動運転の実用化に向けたベース技術の共同開発に乗り出す。車両位置や加速・減速などの情報通信を可能にするITS(高度道路交通システム)技術と自動ハンドル操作、隊列走行技術を両社で研究。平成29年9月をめどに一定の成果を挙げ、各社での製品化につなげる。
 国内で長距離ドライバー不足が進む中、トラックメーカーには疲労軽減に加え、省力化・省人化に役立つトラック技術の開発が期待されている。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する