【日本の物流に足りないもの】 第6回 適正料金は説明可能か 未来調達研究所 坂口 孝則 取締役

2016.06.21付

一般

 本連載では、貨物量減少、薄利、人材不足などをキーワードに物流業界を眺めてきた。今回は、この呻吟(しんぎん)すべき状況打破のヒントについて考える。
 例えば、貸し切りバスについては国土交通省が旗振り役となり運賃と料金制度を規定した。運行距離や時間から適切なコストを求めるものだ。上限と下限を定めることによって、業者間競争は否定していない。ただ、安過ぎるものは審査が必要としている。1月に軽井沢で貸し切りスキーバスによる痛ましい死亡事故が起きた。報道によると、事故を起こした業者は…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する