【海上輸送ガイド】 燃料調整金「ゼロ」続く C重油3万円台は7年ぶり

2016.06.21付

一般

 フェリー燃料に使用されるC重油(船舶燃料)の価格が7年ぶりに3万円台まで下落した。これを受けて、一部のフェリー会社は4月以降、燃料油価格変動調整金(バンカーサーチャージ)を徴収していない。長距離ドライバー不足などでフェリーを利用する事業者からは歓迎の声が上がる。「秋口まではC重油価格の低水準が続く」(石油情報センター)との見通しだ。
 C重油価格は、JX日鉱日石エネルギーと王子製紙の間で4半期ごとに決められている。直前月の原油価格や為替相場の実測、予測を基に改定。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する