日通・郵船ロジ 協業で冷蔵海上混載 名古屋発台湾向けで

2016.06.21付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)と郵船ロジスティクス(同、倉本博光社長)は愛知県での食品輸出需要の高まりに対応し、名古屋発台湾向けに食品の冷蔵混載輸送サービスを共同開発。17日から週1便体制で販売を開始した。
 同ルートの冷蔵混載輸送サービスは日本初。中部地方で生産される青果物や加工食品、日本酒など少量から海上輸送で安価に運ぶことが可能となる。
 日通と郵船ロジが船社から共同でコンテナを仕入れ、2社の顧客の冷蔵貨物を混載することで輸送コストを削減。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する