【特別積み合わせ特集】信頼関係構築が〝キモ〟 一社依存は脱却を 日本交渉協会 安藤 雅旺 常務理事

2016.06.28付

一般

 物流事業者は、荷主の圧力に常にさらされている。長時間の手待ち、無料の付帯作業、燃料サーチャージなど、本来収受すべき料金を収受できていないことも多い。荷主とどう交渉すべきか。交渉の方法や大切さを教える日本交渉協会の安藤雅旺常務理事は「信頼関係を構築し、WIN―WINの関係を目指すのが交渉の基本」とし、その上で、「付加価値を付け相手にとってなくてはならない存在を目指すべきだ」と話す。
 個人対個人で行われるのが交渉。必ずしも企業間の力関係では決まらない。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する