富士運輸・ホームロジスティクス 荷役分離の運行方法導入 白岡―川崎間でスタート

2016.06.28付

一般

 ニトリグループの物流子会社ホームロジスティクス(本社・東京、松浦学社長)と富士運輸(同・奈良市、松岡弘晃社長)は21日、埼玉県白岡市にあるホームロジスティクス関東DCで「スワップボディーコンテナ」出発式を行った。
 スワップボディー車は荷台部分が脱着できるトラックで、通常の大型免許で運転が可能。ヘッド1台とコンテナ3台を1セットとし、富士運輸が2セット用意した。
 ヘッドが一つのコンテナを運んでいる間に、別のコンテナへと積み込みができるため、トラックは積み降ろし…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する