富士物流「ロジらふ」 棚卸しを簡単・自動で 所要時間29分の1に

2016.07.05付

一般

 富士物流(本社・東京、渡部能徳社長)はRFID(非接触ICタグ)技術を活用した棚卸しロボットにより、毎日の出荷検品や月1回の棚卸し作業を大幅に効率化。延べ14時間半かかっていたLED(発光ダイオード)照明900アイテム1万ケースの棚卸しを、30分に短縮した。独自開発による棚卸しロボットの第3世代に当たり、同社に多い中量ラックを用いた現場での活躍が期待される。
ロケーション間違いも発見
 棚卸しロボット「ロジらふ」は2月に、京浜物流センター(川崎市)で手掛ける…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する