JR貨物 位置情報、速く細かく 来年度にシステム更新

2016.07.19付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)は、貨物列車の位置をリアルタイムで把握でき、走行中の運転士に運転を支援する情報を伝えるシステム「PRANETS」を大幅に更新する。来年4月以降、本線を運行する約530両の機関車に新システムを順次導入して行く方針だ。
 PRANETSは平成20年に開発・導入。運転士に徐行区間の予告や制限速度の注意喚起を行う「運転士支援機能」とGPS(全地球測位システム)を利用した「列車位置情報把握機能」を併せ持つ。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する