手始めは料金問題から 検討会のポイントは? 効果的対策打てるか

2016.07.19付

一般

 トラックの適正運賃・料金収受に向けた議論が始まった。国土交通省が料金問題をテーマに有識者会議を設けるは、平成24年の「最低車両台数・適正運賃収受ワーキンググループ」以来、約4年ぶり。ドライバーの労働条件改善が課題となる中、どこまで効果的な対策が打てるか注目される。
 13日の初会合で、国交省は今後の議論を進めるため、「標準運賃」「原価計算に基づいた受注の徹底」「運送以外の料金収受」という3つのテーマを提示。このうち、まずは運賃と別に付帯作業や手待ちなどの対価を…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する