【環境特集】モーダルシフトアンケート 「今後拡大」が6割超 長距離幹線を見直し 乗務員不足に苦慮

2016.07.26付

一般

 本紙がこのほど行ったモーダルシフトアンケートに物流会社53社から回答が寄せられた。それによると、今後鉄道または海上輸送の割合を拡大したいと考える企業は66.0%に上った。ドライバー不足や改善基準の厳格化で、長距離幹線輸送の見直しを迫られる事業者が多いようだ。一方で、輸送障害時の対応や品質に多くの不安も寄せられ、船社や日本貨物鉄道(=JR貨物)の一層の努力も必要となりそうだ。
 アンケートには、荷主の物流子会社や大手、中堅などさまざまな事業者53社から回答を得た。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する